あなたの知りたいにお役立ち、キャッシング情報を絶賛発信中

キャッシングの審査に落ちたくない人のための審査の知識

少しお金を足りないので助けてほしい。そう思いキャッシングに申し込んだら借入先の審査を受けることになります。審査時間は借入先によって違いますが、即日から審査が終わるものや、1週間程度かかるものと幅があります。結果を待っている時間は自分が審査に通るかすごく不安ですよね。審査は慎重に行うので、時間がかかることがあります。キャッシングを申し込んだ時には自分の情報を借入先に申告したと思います。名前、年齢、住所、収入、勤務先の情報、借入希望金額、本人確認書類、他社からの借り入れについてなどです。これらを見て、申告した内容が間違っていないか確認をとります。勤務先への電話で申込者が在籍しているかも確かめられます。審査では特に見られるポイントは返済能力です。申告した収入と勤務先の情報から、個人に見合った借入金額を審査します。収入額も大事ですが、安定して継続した収入を得ているのかも確認します。勤続年数が短かかったり、パート・アルバイトの人は安定と継続といった基準からみるとやや不利です。他社からの借入情報も審査には重要です。貸付できる金額は申込者の年収の3分の1と法律で決まっています。なので他社で借入額が多いと貸し付けることができないので審査には通らない可能性が高くなります。他社からの借り入れ件数が3件より多いと返済能力が低いとみなされ審査に通りにくいです。その他にも、過去に金融事故起こした人は審査に通りにくいです。過去に借金などの支払いを延滞したことがある人はの信用情報として記録されています。過去5年の間にあった人は審査は特に不利になります。

キャッシングの審査はどこを見られてしまうのか

キャッシングとは個人に対する信用のみで貸す、ということになります。つまりは、かなり審査はしっかりとされるわけです。その人がどんな金融信用状況であるのか、ということを確認されることになります。これは指定信用情報機関というところから情報を得ています。ちなみにそうしたところから情報を得ます、ということを確認されることにもなります。キャッシングですが、多くの場合、消費者金融がやっているサービスになります。とりあえず金融業者であることの認定を受けているところしかできないことではありますが、とにかく銀行系ではなく、消費者金融系がキャッシングサービスのメインといってよいでしょう。大きな違いというのが総量規制になります。さすがにかなり有名になってきていますがこの総量規制というのは、要するに年収の三分の一以上の貸付をしてはいけない、という業者側の規制になります。ですから、まずはその人がいくらの収入があるのか、そしていくら借金があるのか、ということを見ることになります。これがまずは審査としての基本になります。それと契約行為になりますから、当然、20歳以上である、ということも重要な要素の一つとなっているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ